相続専門相談所

スポンサードリンク

相続税 改正

2018年は民法の相続に関する規定が40年ぶりに改正されましたが、その中で特に注目を集めているのが、「自筆証書遺言」に関してです。

 

よく刑事ドラマなどで書かれている、手軽に作れる遺言書で、筆記用具と印鑑があれば、お金をかけずに作れる遺言書です。

今までは、すべて自筆で書かなくてはならなかったり、途中で間違いが生じたり、法律上の形式に書かれていないとその遺言書は無効になることがありました。

 

しかし、来年2019年1月13日からは、遺言の本文を実質で起債すればよくなりました。これにより、財産目録をパソコンで作り不動産の登記事項証明書、預金通帳のコピーの添付などもできるようになったのです。ただし、全ページに捺印が必要になりますので、この点をお忘れなきようにお願いしたいです。

 

また、封をしないで地元や本籍地の法務局へ遺言書を持ち込むと法的に有効かどうかのチェックを行ってくれ原本とデータ化した内容を法務局が保管してくれます。この場合死後兼任手続きはないのです今までのように、時間がかかることはありません。

 

11月に入ってからよく聞かれるようになってきた「相続税 改正」ですが、6割の人が相続税をいくら払うのだろうかと関心を寄せているそうです。

 

平成27年1月1日から基礎控除額が引き下げられ、なおかつ税率が引き上げられるため、今まで相続税とは無縁であった人も、相続税を払う可能性が高くなるのです。

 

しかし、実際に相続税をいくら払うのか?
どうやって払う金額が決まるのかなど、具体的な事を知っている人はわずか18%だそうです。

 

相続を実際に経験した人の中には、相続トラブルに巻き込まれてしまい
仲の良かった親族ともめたり、疎遠になったりするケースもあるようです。

 

新しくなる相続税や相続トラブルを起こさないためには一体どうしたらいいのでしょうか?キチンとした知識を持った、第三者に入ってもらうことにより、相続税に関するトラブルは回避できる事があります。

 

とは言っても、身近に知り合いの人もいないし、どうしたらいいのか分からないのが現状ではないでしょうか?そのような人にとてもいいサービスがあります。トラブルになる前に一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

無料相談実施中
  ↓   ↓
全日本相続専門所 JIP
〔法律相談〕【相続案内サービス】