相続専門相談所

スポンサードリンク

相続財産隠す

相続財産を隠してしまうと、税務署から調べを受けると言うニュースが最近多く見られています。

 

自分が知らない隠し財産が相続後に発生している場合や、知っていて故意に隠していて発覚するケースなど様々ですが、税務署に眼をつけられてしまう、黒歴史がついてしまうと今後の人生でずっとその事実は消えないと言う事です。
ですから、絶対にやってはいけないのです。

 

しかし、人間は一度財産を清算した後に出てきたお金や金品がある場合、その事を忘れてしまい、申告する義務がある事をしない場合が多いのです。本当に些細な金額でも、無料相談もあるので確認することをしましょう。

 

また、このような事態に家族が陥らないようにするためにも、遺言書や公正証書などで自分の財産をしっかりと明記することも必要です。財産は日々変動していくものですから一度書いたからと言って終わりにしないことも大切です。

 

 

財産があると思って読んだ遺言書より実際は少なかったと言う事もあり、親族同士の争いが後を絶ちません。
自分が死んでから、家族の絆が切れてしまうなんて事がないように相続に強い税理士さんに相談することが大切です。

 

 

税理士さんなんて知り合いが居ないと言う方に便利なのが

 

全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】

 

一度検討してみる事をお勧めします。