相続専門相談所

スポンサードリンク

相続税 計算

相続税の計算の仕方ですが、決まりがあります。

 

相続や遺贈及び相続時精算課税の適用を受ける贈与によって財産を取得した人ごとに、課税価格を計算して出さねばなりません。
ですので、誰が相続をする人なのか明確にしておく必要があります。

 

 

その上で、全員の総額を計算して行きます。

 

各相続人の課税価格の合計=課税価格の合計額

 

 

基礎控除額を差し引いて、課税される遺産の総額を出します。

 

 

平成27年1月1日以後に相続を行う場合は、税率が異なっているので古い資料を間違っても使わないように注意してください。

 

 

 

税金のかからない範囲

 

基礎控除額

 

3,000万円+600万円×法定相続人の数

 

 

それ以上になると税金がかかってきます。

 

 

法定相続人の人数や負債や葬儀の料金などさまざまな条件があります。
複雑な面もありますので、よく分からないと言う方は一度プロの無料相談を受けてみることをお勧めします。

 

全日本相続専門所 JIP 〔法律相談〕【相続案内サービス】